ケツの穴が痛すぎて、肛門括約筋にギュッと力を入れるだけで激痛が走る なおと です。

食中毒になりました。
お医者さんに「昨晩から下痢が止まらない」「今朝は何度か嘔吐した」「胃がムカムカして時折痛い」と伝えたところ、「典型的な食中毒ですね」と言われました。
下痢が始まったのは昨晩の22時頃のこと。突然の下痢に驚いたものの腸内のウンコが出てくれて助かるわぁ~と、少々のん気に考えていました。
しかしその2時間後には「なんだこれ?おかしくねーか?なんだこれ?」というレベルでひっきりなしにトイレへGOな状態。

食べたものは以下の2つとパイナップルジュースのみ。
・スーパーのお菓子コーナーやオツマミコーナーにある100円のレーズン1袋
・スーパーのお惣菜コーナーにある焼いたホッケ(半額シール付)
この時点では食中毒はないだろうと、どこかで腸炎のウイルスでももらってきちゃったかと考えていました。
夜中も下痢に起こされるため、ほぼ一睡もできない状態。
朝になってもトイレに入る回数は増えるばかりで、一晩でトイレットペーパーは3つ無くなりました。
そんで医者に行ったら食中毒だったというわけです。多分食べたものが問題だったのではなく、食べた時の手が汚れていてそのバイキンがヤンチャ坊主だったのではないかと思われます。

薬を飲んだ今現在も下痢は進行中で、トイレットペーパーは更に3つ無くなりました。
ケツの穴は摩擦による擦り傷で激痛のため、「ケツを拭く」行為は次第に「ケツを拭う」行為に。摩擦で「ふく」のではなく押し当てて「ぬぐう」です。
睡眠不足で頭は働かず、何も食べられないので力が入らず、トイレに入っていない時くらいは横になっていたいのに、うるさい選挙カーが睡眠までも妨害してくれます。
不謹慎にも「睡眠を妨害してくれた選挙カーの候補者には絶対に投票しない」と思ってしまうほどに食中毒ってのがツライことだと分かりました。
これからはしっかりと手を洗ってからご飯を食べるようにしたいと思います。

そんな何も食べられないヘロヘロ状態の現状で、楽天とアマゾンから予約していたリンゴ10kg×2箱が同時に届くというタイミングの悪さが発揮された なおと でした。