ひと足おそいメーリークリスマス!昨日は、クリスマスでした。今年もいろいろなイベントなどが開催されましたが、良いクリスマスを送れましたか?クリスマスは、夫婦でも恋人でも楽しいひと時を送るには、どうしても避けては通れないことが今日のテーマ「早漏」です。

早漏は、射精のコントロールが上手にできないことです。原因も明らかになっており、自律神経のバランスが安定していないので起こります。早漏の他にも自律神経のバランスによって、ED(勃起不全)や遅漏などにも陥ります。そんな早漏のメカニズムをご紹介します。

自律神経は、自己の意識とは関係がなく、身体が情報や刺激からコントロールして調整する、交感神経と副交感神経から成立つ神経です。早漏には、勃起をしようとはたらきかける副交感神経、射精しようとはたらきかける交感神経のバランスが大きく関わり、勃起のために副交感神経が優位になり、射精ために交感神経が優位なります。

交感神経と副交感神経がどちらが優位になるかで勃起や射精に関わり早漏メカニズムになります。脳内の神経伝達物質セロトニン(精神の安定や睡眠などに作用)、ノルアドレナリン(集中力や気持ちを高ぶらせる作用)がもとになります。

早漏のメカニズム

セロトニンとノルアドレナリンの分泌量が少ないと、勃起するとき、射精するときに働く交感神経と副交感神経のバランスも崩れて、早漏になることも分かっています。セロトニンは、多く取れれば良いわけでなく、脳内にセロトニンが多くなければ、その意味はありません。

 

その方の脳内にセロトニンが多いか少ないかは、それを運ぶセロトニントランスポターという遺伝子の量が深く関わります。セロトニントランスポーターは生まれながら数は決っており、数が多ければ分泌量も多く、早漏になりにくいです。

日本人は、統計上、セロトニントランスポーターが少ないといわれており、セロトニントランスポターのはたらきかけが活性化されれば、早漏防止につながります。活性化させるには、セロトニンを増やすことや規則正しく生活を送る、日光を浴びる、よく噛むなどよく紹介されます。

注目されつつあるセロトニンの分泌量を濃度を高くして調整する抗うつ薬です。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を早漏防止に用いられます。近所の薬局やドラッグストアなどでは入手できないので、病院などで処方されるため、経済的な負担が大きくなります。

そんな方に通販サイトなどを使えば、早漏防止に効果的です。飲み薬、塗り薬、スプレータイプなど何種類かあり、どれも副作用が低く、安全性が高いため、早漏を克服して充実した楽しいナイトライフのひと時が遅れますのでお勧めします。