» その他のブログ記事

sh_penisole

またまたペニス増大サプリの話題です。今日も以前より気になっているペニス増大サプリについての情報をお伝えしていこうと思います。今日はペニソールです!聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?ペニス増大サプリの中でも有名な商品だと思います。こちらの特徴はアーユルヴェーダの考えが元となっています。

アーユルヴェーダとは?それはインドの伝統医学のことです。5000年以上に渡って続いているといいます。健康的な生活や治療法、薬草学などインドの人達の生活に根付いている思想的な面も持っているとのことです。配合されている成分はもちろん天然成分で、体にも安心。副作用を気にせずに服用できるでしょう。

ペニソールの成分を見ていきますとハッショウマメ、シラジット、プエラリア、カモミール、サフラン、ヒヨス、などなどあまり聞き馴染みのない成分名が多いと思います。これはインド原産のハーブが多いからでしょう。まず主成分と思われるハッショウマメ。これはインド原産の植物で別の呼び方でムクナというそうです。どうやらアーユルヴェーダの中では代表的な生薬らしいとのこと。主に精力剤として古くから利用されており貴重に扱われていました。

シラジットはアンチエイジング効果、性欲増進の作用を持ちます。プエラリアはタイ原産の植物で、インドにおいては媚薬として使われていたようです。つまり性欲が湧き上がってくるのですね。カモミールやサフランは馴染みがありますね。カモミールティーはリラックス効果がありますが、実は値の部分には男性ホルモンに作用する効果があるのだとか。サフランには勃起促進効果があるとのことです。ヒヨスは向精神作用を持っています。

これらのハーブがペニス増大作用と勃起促進効果が上がります。また持続力、精力増強、早漏防止なども出来ますので総合的な機能がアップしていき自信となっていくでしょう。太古から根付いているインド医療、アーユルヴェーダがなせる力なわけです。その未知なるパワー、我がペニスにはどう影響するのでしょうか。非常に興味が尽きません。色々気になるペニス増大サプリが増えてきてリストアップが大変な私なのでした。


今週はペニス増大サプリについて色々書いていきましょう。私はこのジャンルが非常に気になっています。実際使ったことがあるサプリはビリリティピルズしかありませんが。結果には満足はしましたがまだまだ伸びる可能性はあるのではないかと思います。余談はさておいて今日の気になるペニス増大サプリですが、ビリリティピルズを販売するアイファイブ社の製品になります。

1_large

それがエンハンス9です。ペニス増大はもとより強力な勃起作用が得られるといいます。大半のペニス増大サプリには勃起機能改善効果が備わっていますがこちらのエンハンス9はそれを押し出したアピールをしています。よほどその効果に自身があるということが見受けられます。なにしろ「天然のバイアグラ」とも例えられているらしいですからね。天然ハーブが多く配合されています。

男性機能向上のサプリやドリンクではお馴染みのムイラプアマを始め、ダミアナ、サンザシ、イチョウ葉エキス、朝鮮人参、やぎ角などです。これらの成分が強力な勃起作用を起こしてくれるのですね。またプロテストステロンも含有しているとのことです。この物質は男性ホルモン前駆物質で、ようするに男性ホルモンになる前の物質です。男性ホルモンが作られやすくなり精力がアップしますので、セックスの際にもよりアクティブになれるということです。

ですので元気がない方にとっては副作用をあまり気にせずに使用できる、ということが期待できます。バイアグラなどのED治療薬はどうしても副作用が出てしまいますからね。頭が痛くなったり顔が火照ったり。私は使ったことがあるので分かります。すごく顔が熱くなるのです。ただし効き目は抜群でペニスもすごい勢いで勃起をします。

それがエンハンス9を使えば副作用のリスクが極力低く勃起が強力になり、ペニスも大きくしてくれる効果ももっている(こちらが主役なのですが)。素晴らしいサプリです。ますます興味が湧いてきます。そう思いませんか?いずれ私は試してみようと思います。このエンハンス9を。そしてペニスを大きくし、活力も得たいと思います。


これまで幾度となくペニス増大サプリをご紹介してきましたが気になる商品がまたでてきました。それがメガマックスウルトラです!

528_2_l

ビリリティピルズの開発元であるアイファイブ社の商品なのでまず間違いなく効果はあるはずです。またアメリカでも大人気のサプリメントのようです。アイファイブ社のサプリメントはどの品も良いと定評があるみたいですしね。亜鉛やビタミンのサプリなどでってことですよ。なによりビリリティピルズにはないL-シトルリンやL-アルギニンが配合されていますので、効果はより高いのではないでしょうか?L-シトルリンはペニス増大サプリにはお馴染みの成分ですし、ペニス増大に関しては非常に重要な成分であると思います。

ではなぜL-シトルリンが良くペニス増大サプリに使われるのか?その理由はずばり、血行促進作用が高いためです。服用を続けると血行が良くなります。それは当然ペニスにも及びますので勃起をする際スムーズに海綿体へ運ばれていき、硬度や大きくなるために必要なものです。とはいえL-シトルリンだけを摂取してもペニスは大きくなりません。

L-アルギニンの成長ホルモン分泌量が増加することでペニスの成長を促すことが出来ますし、その他の天然成分により性欲が増進されたり勃起力が向上するといったトータル面で下半身をサポートしなければサイズが大きくならないと思います。それぞれの成分を単独ではなく、総合的にバランス良く取るっていうのが肝なんですね。

そういえば私がメガマックスウルトラをなぜ知ったか?ということなのですけども、有名男優である(現在は引退しましたけど)加藤鷹氏が宣伝していたのがこれでした。バナーでよくみたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?私もそれを見てなんだか気になって調べていたんですよね。しかも加藤鷹氏以外でも使われているという男優が多いというではないですか。

ますます購買意欲をそそります。また絶妙な値段設定ですから効き目にも期待感が出てきます。あまり安すぎても効果を疑ってしまいますから。メガマックスウルトラの価格はちょうどいい金額だと思います。私、ボーナスをもらったら一気に3ボトルを購入してみようかなと思います。


先日より兼ねてから気になっている自分のペニスの小ささにいまさら落ち込んでいました。別に女性に面と向かって言われたわけではありません。銭湯へ行った時のことです。他の人は結構大きいなと。そう思ってきたらもう完全に思い込んでしまうのでしょう。私にとってなにかすごいコンプレックスとなってしまいました。

 

そこで閃いたのです。そういえば昔からそういった類のものがありますが、この現代はさすがに技術が進歩しているだろう!という安易な考えによりついに購入を決意した「ペニス増大サプリ」。

多分検索したことのある人は多いのではないでしょうか?皆仲間です。気になるのです。そうですよね?とにかく私もそのワードで検索し、いくつか評判のよさそうなものをピックアップしたのですが1つ特に気になったものがありました。

vigrx-plus-male-enhancement-pills

それがビッグRXプラスという名前のサプリメントです。サプリ大国のアメリカのメーカーが製造しているサプリのようで、大多数の臨床実験を行って出来たものだそうです。そして大半の人がその結果に満足したというデータがあるらしいのです。こういう謳い文句にどうも弱い私。しかし色々見てみると評判が結構いいのです。

 

どうしても試したくなったので購入を決意し、今現在継続して飲んでいますよ。実はもう2ヶ月ほど経過し、その結果が出ましたのでご報告も兼ねての更新なのです。その結果は見事0.6センチほど増大しています。素晴らしい。毎日続けないといけませんので忘れずにいなければなりません。その点こういうことに関しては抜け目がありませんのできちんと行うことが出来ましたよ。

 

それと最近非常に元気になってきており、ED治療薬を飲めばさらに強力な勃起が出来るようになりました。たちくらみがするのではないかというくらいに下半身へ血液が集まっちゃいます。

 

少し専門的なことになりますがたいていこういうサプリにはアルギニンとかシトルリンが入っているじゃないですか?でもビッグRXプラスは天然のハーブで作られているため体に安心らしいです。アルギニン、シトルリンも安心安全な成分ではあるんですけど。

とにかくこれ、私は微増ですが大きくなりました。それと元気も取り戻せています。それだけでも買う価値はあると思いますよ!


表題の通り、私は炭水化物が好きです。米もさることながらラーメン、うどんなどの麺類や粉物と言われるお好み焼きやたこ焼きなどあらゆる炭水化物を好んでいます。

そうするとやっぱり太ってきますよね。かといってどうにもやめることは出来ない。低糖質ダイエットなどもっての外です。取り過ぎないのも危ないらしいので。という言い訳も作り、ダイエットもまるでやる気なし。

 

とはいえこのままだと糖尿病という未来も見えつつあるためどうにかしなければなりません。そこで噂に聞いたあるサプリメントを購入し試してみようと思ったのです。それがカーボブロッカーというサプリ。

IRW-26356-1

その名称の通り炭水化物の吸収を阻害してくれるという代物。私にとってカーボブロッカーの効果が本当であればまさに救世主と行っても過言ではないでしょう。とはいえ実際に試してみなければなりません。というのが一ヶ月前のお話です。

 

実際一ヶ月経過した今、現状はというといくぶんお腹周りがすっきりしたように思えます。おそらく効果が現れているのではないかと。説明を読んでみると800キロカロリーもカット出来るということ。それはお茶碗8杯分の米となるとのことなので、炭水化物好きにとってはなくてはならないものかも。

それに成人男性の1日に取らなければならないカロリーって確か約2500カロリー前後でしたよね?とすると約3分の1もカットされているとなり、痩せていくのにも納得です。現状を維持すれば結構痩せていくのではないかなと。

けどこの効果を過信して多めの量を食べちゃうと結局オーバーしてしまうから体型が変わらないどころか太っていくことにも繋がりかねません。ここは一つ、あまり調子に乗らずに現状維持しつつも、週一のラーメンはやめない生活を引き続きやっていこうかなと。ラーメンはかなり大きい要素ですよね。でも不思議と少し引っ込んだのでうまいこと作用しているんだなあ。

そう考えていくうちにちょっと今までの食生活を反省し、毎日1合くらいは食べていた米も少なくしていきおかずをたくさん食べるようになりました。これ、継続すればかなり健康的な体になっていくんじゃないでしょうかね!

 


お風呂でシャワーを浴びている際に、自分自身からオヤジ臭が発している事に気付きちょっぴり心に傷を負った なおと です。

ここ最近は暑い日が続き、夜も冬用のジャージを着て寝れば寝汗を沢山かけるようになりました。
この寝汗をシャワーで流している際にフワッと漂ってきたのがオヤジ臭でした。
年齢的にはもうそろそろそんな年齢ではありますが、しかしそこそこなショック具合です。
そこで、「海外ならそんな問題にも真面目に真摯に取り組んでいるだろう」と考え、「加齢臭 海外医薬品」と検索してみました。
出てきました。
一発ヒットです。
しかし残念ながら医薬品ではなく、外側から吹きかけるスプレーやクリームばかりで、根本解決できる可能性のあるものはサプリメントだけという状況。
実は中々難しい問題なのかもしれませんね、ニオイの根本解決って。
以前にも書きましたが、内臓のニオイというのも相当なもんですが、これを解消するための医薬品も未だ出てきません。
開発されれば確実にスーパーヒットすることは間違いないでしょうが、未だに存在していないのが現実です。
日本の医薬品だろうと海外医薬品だろうとどちらでも構いません。どこかの製薬会社さん、本気で嫌なニオイを解消する医薬品を開発して頂けませんでしょうか。
近頃は本気でそんなことを思っては考えているのでした。

寝汗効果により缶チューハイ2本までなら翌日むくまないことが分かり、ラシックスを服用する機会が減って嬉しい なおと でした。

5月 4日:85.5kg
5月 8日:83.0kg
5月11日:82.3kg
5月14日:81.8kg
5月17日:84.9kg
5月21日:83.5kg
5月25日:81.7kg
5月26日:81.8kg
※前日の缶チューハイ2本は寝汗で放出できたものの、アイス2本分は放出しきれなかったようです。。。


久々に酔っぱらってやらかしてしまった なおと です。

後悔の念がハンパないです。
食べ終わった後の後悔の念がとてつもなくハンパないです。
酔った勢いでピザを頼んで、丸々1枚ペロリといっちゃいました。
ピザは今現在、最も食べてはいけない特別指定禁止料理に指定していたのに、酔っぱらってタガが外れてしまいついついいっちゃいました。

ピザを特別指定禁止料理にした理由
1.小麦粉がメインであること(小麦粉がデブの元である)
2.食べるとノドが渇くため水分を余計に摂取してしまう

1は、小麦粉のグルテンが太る原因である上に、小麦粉はまた食べたいと思ってしまう中毒性があるという情報を伝え聞きました。
これらのことは本当かどうかは不明ですが、そんな風に小麦粉を悪者に仕立て上げれば食べなくなるかなと。
2は、そのままです。実際に昨日はピザとともに1リットル、食べ終わった後にノドが渇き更に1リットルの水分を摂取してしまいました。
つまりたった一食で2~3kgも増やしてしまったことになります。

こんなことではダイエットもくそもないので、食欲阻害剤でも服用しようかとちょっとだけ迷ってしまいました。
でも食欲阻害剤はうつ病が再発する危険があるのでやめときたいと思います。

寝る際に、自分への罰ゲーム&大量摂取の水分を少しでも出すべく厚着をして寝たところ、体重的には少し戻ってくれてちょっぴりホッとした なおと でした。

5月 4日:85.5kg
5月 7日:82.5kg
5月 8日:83.0kg
5月11日:82.3kg
5月14日:81.8kg
5月17日:84.9kg
5月18日:83.5kg
5月21日:83.5kg
5月22日:82.0kg
5月25日:81.7kg
※前日にピザ&大量のジュースを飲むも寝汗で大量の水分を放出して元通り?


カビキラーの威力をまざまざと見せつけられ、思わず恐れ慄いてしまった なおと です。

風呂掃除をしました。
我が家の風呂はカビだらけだったので、いっちょ退治してやるかと一念発起したというわけです。
用意したのはカビキラー2本、100円のお風呂そうじ用のスポンジ、100円の柄がついたスポンジの3点です。
まずは壁と扉のカビに対しカビキラーをぶっかけて数分放置プレイ。
これだけで5割~6割は落ちてくれますがしぶといやつらはここでスポンジごしごしの刑です。
次に柄がついたスポンジにカビキラーを吹きかけて天井のカビにゴシゴシ攻撃すると、あっという間に真っ白に。
カビキラー凄し!
天井含めて見える範囲のカビはこれだけで瞬殺。
お風呂の天井を含めた全ての面にシャワーをぶっかけてキレイ洗い流し、ついでにお風呂掃除&お湯を溜めて入浴の準備。
1時間ほど入浴し、お風呂のお湯を流したところでカビキラーの真の力を見せつけられました。
なぜかお湯がなかなか流れんと思ったら、黒い物が排水溝への道を塞いでいるではありませんか!
浴槽の下に潜んでいたカビどもです。
1時間前にカビキラーを洗い流した際に、知らず知らずの内に浴槽の下のカビどもに攻撃していたようです。
その量たるや半端な量ではありません!
こんなのの上で湯船に浸かっていたのかと思うと本気で寒気がするレベルです。
見た目的には『もののけ姫』の「たたり神」のにゅるにゅるな感じのグロい物が排水溝の周辺を埋め尽くしました。
とはいえ、我が家のシャワーの威力はかなりのもの。
水圧を最強にし、細かく砕きつつ順次排水溝という名の地獄(カビどもからしたら天国?)に叩き落としてやったのでした。

5月 4日:85.5kg
5月 7日:82.5kg
5月 8日:83.0kg
5月11日:82.3kg
5月14日:81.8kg
5月17日:84.9kg
5月18日:83.5kg
5月21日:83.5kg
5月22日:82.0kg
※スクワットを中心にダンベル運動+大規模お風呂掃除で体を動かしたのが功を奏したようです

海外医薬品と同様で海外の洗剤にも強烈なのあるのかな?などと海外的なカビキラーの存在に思いを寄せつつカビを駆逐しまくった なおと でした。


少し前からボディソープが切れたためシャンプーで体を洗っている なおと です。

先日の水上バイクの影響で顔面の皮がボロボロと剥げ落ちてきました。
こりゃいかんと思い、顔面をぬるま湯で濡らしてはカサカサなタオルでゾリゾリと削り落とすことに。
鼻の周囲以外は思いの外キレイになったのですが、これにより更なる地獄が待ってました。
おでこのダメ皮膚を全て無理矢理はぎ取ってしまったため、おでこの新たな皮膚は生まれたての状態です。
つまり、刺激に弱い状態です。
これがちょっとした刺激があるだけで、とてつもなく痛いこと痛いこと。
なんなら髪の毛が触れるだけで痛いし、痛みをガードするための保湿クリームを塗ること自体が激痛です。
ハンパありません。
そんな日に限って髪を切りに行く予定があり、思った通り「ドライヤー」が地獄でした。
こんな時はどうするのがベストだったのでしょうか?
1.ボロボロの皮膚をそのまま放置する
2.今回同様でボロボロの皮膚を剥ぎ取り我慢する
3.皮膚は剥ぐけど違う方法で優しく剥ぎ取る

もしも3が正解であれば、正しい剥ぎ取り方を知りたい次第な今日この頃な なおと でした。

5月 4日:85.5kg
5月 7日:82.5kg
5月 8日:83.0kg
5月11日:82.3kg
5月14日:81.8kg
5月17日:84.9kg
5月18日:83.5kg
5月21日:83.5kg
※本当は少し減ったけどアルコールを大量摂取したためプラスマイナス0kg


5月17日に幕張で行われたレッドブル・エアレースを水上バイクで見に行き、全身に日焼けというなのやけどを負った なおと です。

今回は合計すると20台ほどの水上バイクが集まり、みんなで大移動です。
東京湾沿岸をぐるりと周って幕張へ。
干潮の影響か、途中の船橋周辺は浅瀬になっており、水位は膝あたりまでしかありません。
しかもこの辺りは水もきれいに透き通っているため、底までしっかり目視できます。
※きれいと言っても緑がかった水のため、超きれいというわけではなく他の場所よりもきれいという意味です。

んで、実際のエアレースですが、う~ん・・・
思ったよりも楽しくありません。
最初の何回かを見たところで「あ、こんな感じなのね」という印象であり、どちらかというと周囲の雰囲気を楽しんだ感じでした。
周りには他の水上バイクやヨットも多数来ており、水上もごった返しています。
警戒船という船や千葉県警の船、運営者側の水上バイクも多数あり、絶えず「もう少し後ろに下がってください」と何度も言われては、みんな一斉に後ろに下がるといったことを何度も繰り返します。
海上では一点に留まることは困難で、絶えず波に流されながらの観戦となるため仕方ありませんが、周囲の状況を見つつ観戦しないといけないため結構面倒でした。
そんなこんなでエアレース自体はほどほどに会場の雰囲気を楽しみつつ、水上バイクを楽しんできたのでした。

と、こんな風に何事もなかったかのようにサラッと書きましたが、実は色々と問題発生で実は結構キツかった なおと でした。

5月 4日:85.5kg
5月 7日:82.5kg
5月 8日:83.0kg
5月11日:82.3kg
5月14日:81.8kg
5月17日:84.9kg
※帰宅後に飲んだビール・缶チューハイと「カツ丼・うどんセット」でガツンと増えてしまいました。