いつも以上に寝苦しい夜を迎えてただいま絶賛寝不足中&風邪気味な なおと です。

いつもはクーラーを付けずに窓を開け、Tシャツ一枚に薄っぺらい毛布を一枚かけて寝ています。
しかし昨夜は、真冬に着ているブ厚いスウェットの上下を着て毛布二枚+掛布団で寝てみました。
もちろんクーラーなどは付けず、窓全開で「蝉しぐれのち鈴虫」の音色を聞きながら。
昨晩いつもよりも1本多く缶チューハイを飲んだため、健康的(?)に汗を流して体外に排出しようという魂胆です。
巷で有名な寝汗ダイエットです。
あ、いえ、なおと 周辺でのみ有名な寝汗ダイエットです。
ちなみに昨年はこの寝汗ダイエットにより、それなりに減量は出来たものの、熱中症になり意識が朦朧とすることもあり非常に危険な手法です。
今回は昨年の失敗を踏まえて、熱中症対策もしてあるので大丈夫です。
さてさてその効果はと言いますと、しっかり昨晩飲んだ缶チューハイ分(4本分)は出てくれていました。
十分な結果です。
が、超眠いです。
あっという間に寝ることは出来ましたが、4時間後に寝苦しくて目が覚め、そのまま更に寝たところ30分後にやっぱり寝苦しくて目が覚め、これ以上はやめておこうと、スウェットを脱ぎ、水分を補給し、クーラーを付けて再度寝ました。
すると今度はクーラーが寒すぎて布団をかけて縮こまって寝ていましたが、寒くて30分おきに起きてしまう始末。
しかし、クーラーを消すという選択肢が寝ぼけた頭にはなく、一生懸命布団にもぐって暖をとり、寒くて起きを何度も繰り返したあげく、鼻水が止まらなくなるのでありました。

一晩で真夏の夜の暑さと真冬の寒さを体感し、結果、-1.5kgの効果のために寝不足と鼻水という重い枷を負った なおと でした。


最近めっきりエロ動画検索と疎遠な なおと です。

もうここ3日も検索していません。3日間もエロ動画を見ていません。
誓って、ここ3日間はxvideoもカリビアンコムも見てません。
ハッキリ言って一大事です。
何が一大事って、何もオカズがないのにオナニーに不自由していない自分が一大事です。
様々な種類の妄想を駆使して、あんなエッチなことやこんなスケベなことを脳内で自由気ままにすることでオナニーをする毎日です。
妄想がエスカレートし過ぎて4日前には現実の動画を見て「違うんだよなー、ここでこうじゃなきゃ」などと撮影監督みたいなことを言う始末です。
もう末期症状です。
早いとこ現実に戻ってこなければ一生この脳内の恋人達(複数人)と過ごすことになってしまいそうです。
と、思っていた矢先に本日簡単に現実に引き戻してくれた出来事がありました。
フワッと風が吹き、前を歩く女性のスカートがフワッと。白い下着が見えたような見えないような。
いわゆるチラリズムです。
たまらんです、チラリズム。あの現象にウヒョヒョっとならない男性はいないのではないでしょうか。
見た目ウヒョウヒョしてなくても、きっと内心はウヒョウヒョしているはずです。
そんなこんなで、コンビニから戻ってすぐにそのチラリズムから妄想を発展させてオナニーに勤しんだのでありました。
結局今日もエロ動画は再生しないでしょう。

基本的にチラリズムやパンチラなどはポーカーフェイスでガン見しつつ、内心でウヒョリまくってる なおと でした。


両足の土踏まずが地味に痛くて歩くのが嫌な なおと です。

かな~り久々に足裏マッサージを受けてみました。
以前は頻繁にやってもらっていたこともあり、強めにゴリゴリされるのが好きなのですが、今回は久々過ぎたせいか足裏に鈍い痛みが残っております。
しかし、その効果は絶大でした。
足裏をやった後、サウナでガンガン汗をかいた結果、これまたかな~り久々に体重が81kg台に突入!
一日で実に2リットルもの汗をかいたようで、風呂上りものぼせてダルいのとは別に妙なスッキリ感を感じました。
足裏マッサージをすると足裏に溜まった老廃物と無駄な水分が血液を循環して体を巡るようになるので、そこで汗やらオシッコやらをしっかり出すとスッキリするという訳なんですが、結構知られてないんですよね。
足裏マッサージを終えて、あ~気持ち良かったっつって何もしなかったら、重力でまたゴミ水分が足裏に戻ってしまうんで、水分取って汗かくのが一番いいんです。
そんなこんなで汗をガッツリ放出して、体重も2kg軽くなるものの、土踏まずが痛くて痛くて足取りが重いのでした。

今回の足裏マッサージで心臓以外の内臓全般と目の部分が結構キていることが分かった なおと でした。


短パンを履くときは必ず大きく息を吐きながらボタンを締めている なおと です。

去年までは普通にはけていたのに、体内の空気を外に排出しなければボタンを閉じることが出来ないほどに太ったわけです。
ドラマなんかでよくあるズボンが入らないを実感しているわけです。
それでも今年は意地でも新しい短パンは買いません。生地を引き延ばしてやりたいと思います。
さてさて、今日はなかなかイイ感じのお天気ですね。
「The夏」という天候で大好きです。蝉しぐれを聞いているとどこか田舎にプラっと行きたくなりますが、お盆の時期に遠出をするのは渋滞にハマる危険が極めて高いのでやめておき、いつも通りいつものパチ屋にでも行ってきました。

超ボッタクリ営業でした。
1000円で3回転しかしない海物語を見て、こりゃダメだと、たまには別のお店に行くことにしました。
どこもどうせお盆営業でしょうから、今のうちに居心地の良いお店でも発掘しておこうという魂胆です。出玉やら釘やら設定やらではなく、単に居心地が良い店です。
そして1店舗目で見つけました。最新台がちゃんと入っており、客はマバラで、プロっぽいガツガツしたのが少ししかいない。
しかし、パチスロ化物語に座ったところで見慣れないシールを発見。
「1000円貸出メダル47枚」
商魂たくましい!まさかの1000円につき3枚没収!
中型の店舗につき、それなりに台数があります。仮に一日あたり100万円の現金投資があった場合、3000枚が浮く計算です。
それが1年となれば109万5000枚となり、金額にすれば2190万円です。
これが粗利ではなく、純粋なる純利になる訳ですから超おいしいではありませんか!
打つ側からしても、プロ以外の一般の方々は「1G損するだけでしょ?1Gでチャンス目引けるわけないしどーでもいいよ」ってな心理なわけで、さほど気にならないでしょう。
利益を上げるためにこんな手法があるとは思いもよりませんでした。勉強になりましたわ。

そんなこんなでパチスロを打つのはやめて海物語に移動するも、初当たり4回全て単発と、いつものヒキ弱で負けてトボトボ帰って行った なおと でした。


勝つには勝ったけど、物凄くイライラして久々にレバー強打しちゃった なおと です。

パチスロ化物語です。
ええ、いつもの化物語です。
もしかしたら高設定だったかもしれない台でしたが、途中でやる気が失せ、さっさといつものスーパー銭湯にリラックスしに行っちゃいました。
初当たりは2000円と絶好調で、2回目のART中に引いたBIGは久々に見る「全員集合」で赤7でした。
レア子役の確率もよく、解呪の儀にもバカスカ入る。
2000回転時点までは明らかに高設定な挙動を示していました。
が、しかし、すでにこの時点でいつやめようかを考えてました。
とにかく「狙え」が出ない。たま~に出ても当然リプレイ。
一番ひどい時で、8回連続で解呪失敗(この内2回は継続の30G)し、500回転チョイで直当りでART突入というのがありました。
外している間は外枠が赤色になることはなく、最高で緑まで。解呪3回で真ん中怪異1度だけなんて時もあり、思わずレバーを強くゴツンってぶっ叩いていました。
ただ、500回転で8回解呪の儀に入っているのはさすがにヒキ強ですし、なんだかんだで超倍々も当選するなどにより1000枚位は持ち帰れたので良いのですが、精神的によろしくありませんでした。

ARTが終わり50回転までいったらやめようと思っていたところ、47回転で強チェリー→スカ→30回転後チャンス目→解呪→狙え0回失敗→30回転後チャンス目→解呪→狙え0回失敗→40回転終了・・・というクソみたいなやめ方になってしまったダメダメなヒキの なおと でした。


先週日焼けした肩の皮膚がベリベリと剥がれ落ちてきている なおと です。

これってどうやって対処すればよいのでしょう?正しい対処法ってあるのでしょうか?
お風呂に入った際に健康タオルで一生懸命ゴシゴシすると、全部取りきれない上に、今まで大丈夫だった場所がボロボロと崩れ落ちてきます。
ガムテープでベリッといったところで、全部キレイに取れるわけありません。
ちなみに、こうならないように、予防策として水の天使というゲルを全身塗りたくって十分に保湿していましたが、結局はこのザマです。
どうすればよいのでしょうか?
日焼けのプロの方々はどうしているのでしょうか?
日サロで日焼けすればこんなことにはなりませんので、予め日サロで焼いてから海に行き、日焼け止めクリームでも塗っとけばいいのでしょうか?
んなアホな。
あと小学生の頃、同級生にいたのですが、日焼け後の脱皮をボロボロにせずに一枚の皮としてペリーって剥がせる人、あれは一体どうすればできるのでしょうか?
あれさえできればこんなボロボロになることなく、きれいに素早く、しかもゲーム感覚で他人に剥がすのをお願いできるという便利なものです。
どうすればあんな風にできるんでしょうか?何か予めノリとかを体に塗りたくって仕込んであるんでしょうか?
それとも単なる体質的な問題なのでしょうか?
謎です。
謎ですが、うらやましい限りです。
さてさてどうしようかと悩みに悩んだあげく、その内なくなるから気にせず放っておくことにするのでした。

去年はこの状態でアカスリに行き、韓国人のオバチャンに中国人さながらの「アイヤー」という声を上げさせた なおと でした。


欲望を抑えきることができず、ついついやっちまった なおと です。

すき家が営業しているのが悪いんです。
パワーアップリニューアルと称した単なるお休みがいつの間にか終わってたのが悪いんです。
お夜食はずっと我慢してました。どうしても我慢できない時はサラダ+おかず1品までと決め、お米やパンは食べないようにしていました。
でも、そこで数か月ぶりに営業しているすき家を見て、我慢を抑えることができませんでした。
やっちまいました。
考えることなく入店しちゃいました。
一瞬の判断で迷うことなくネギ玉牛丼とカレーを持ち帰りで注文しちゃいました。
帰宅後にやっちまったと思うも、まずは落ち着こうと缶チューハイを一気に飲み干しました。
酔っぱらいました。
さらに食欲旺盛になりました。
まずはネギ玉牛丼。幸せな時間はあっという間に過ぎました。
続いてカレーのお時間。またまた幸せな時間はすぐに消えてなくなりました。
まだまだ続きます。カレーで少々刺激的になったお口にまろやかさを加えるためのヨーグルト。
すき家から自宅に帰る際にこの時のためにわざわざ購入したヨーグルト。
一気飲みで1Lが消失しました。時間にして1分程度でしょうか。幸せというのは儚いものです。
ならばと合わせて購入した牛乳1Lです。
ヨーグルトのように一気に飲み干すのはもったいないので、チビチビと飲み進めます。
しかしいつの間にか消失。
自宅に帰ってからおよそ2時間であっという間に3.5kgほど胃袋に詰め込んだのでした。

夜中になってヨーグルト&牛乳のせいでお腹がギュルギュルなり、幸せな時間の後には強烈な地獄が待っていた なおと でした。


今日は久々に悪夢にうなされてガバッと起きた なおと です。

そんな悪夢の内容は、「ジャグラーをどれだけ回してもペカらない」という非常にシンプルなもの。
しかし、このシンプルな内容は現実に起こっても地獄なのはパチスロをやる人なら皆分かってくれるはずです。
今朝の夢でジャグラーが嫌いになりつつあります。
ですので、今回はジャグラーを愛するオジチャン達の行動を書いていきホッコリしたいと思います。

1.GOGOランプをさする
ジャグラー歴の長い長老のような方ほど魂を込めてさすっているように思えます。
「今日はよろしく頼むぞ」なのか、「神様仏様!」と願っているのかは不明です。

2.どこかで「ポンッ」と鳴るとどの台か確認する
パチスロの場合は設定差が存在するので、どの台の大当り確率が高いのかをチェックするのは至極正しい行為です。
しかし彼らの場合、単に「おめでとう」「うらやましい」「負けてらんねぇ」といった思いから反射的に確認しているように思えます。

3.台を掛け持ちする
海物語ほどではありませんが、ジャグラーも他のパチスロ台に比べて掛け持ちが多いように感じます。
しかし、犯人を見るとオジチャンではなく、オバチャンであることが多いのも事実です。

4.ジャグ連を信じる
ジャグラーには好調な状態で起こる「ジャグ連」という連チャンモードがあると信じている方がそこそこ多数いるようです。
ただし、プロなんかでもジャグラーでたまたま連チャンした際に「ジャグ連した」という使い方をするように、「ジャグ連」という言葉はオカルト肯定派も、オカルト否定派も使うので使う際には細心の注意が必要です。

5.毎ゲーム第3停止で一瞬止まる
ジャグラーを毎日打っているオジチャン達は第3停止でボタンを押したまま一瞬止まります。
この一瞬で今の出目がアツいかサムいかを判断し、アツいと判断した場合は更にグリッと強くねじり込んだ上で離します。
それだけ打ち込んでいるのにリーチ目が分からないのは、それだけリール制御が優秀なのか、わざと覚えないようにしてアツさを楽しむようにしているのでしょう。

オカルト的なことを信じている方は多数見受けられるも、台の掛け持ち以外に他人に迷惑なことをしている人はほとんどいないように感じます。
最初の内は打ち方がウザイと思っていましたが、今では何とも思いませんし、こうやって思い返してみると少しホッコリしてきます。
常連さん同士の仲間意識もやたら強く、ちょっとした集会所のようにも感じます。
こうして書いてみると海物語のオバチャンとジャグラーのオジチャンは似てるようでいて本質は全く別物のような気がしますね。
おもしろいもんです。

とはいえ、実際にジャグラーを打ったら今朝の悪夢が実際に起こりそうで怖いので、今日はどこかのゲーセンでまったり打っていようと思う なおと でした。


気が付けば汗や尿で排出する量よりも多く水分を摂取しすぎて地味に水太りしてきた なおと です。

今朝起きてやたらとむくみが酷いため、昨夜(22時~25時)の水分量を思い起こしてみました。
飲むヨーグルト1000ml、牛乳1000ml、りんごジュース約500ml、缶チューハイ350ml×3本。
3時間で約3.5Lもの水分を摂取していたようで、そりゃむくみますわ。とはいえ、暑いし、クーラーは使いたくから仕方ありません。
毎日プールでプカプカしながら女性のお尻でも見ていたい気分です。
おお、それがいい!
健全なプールという公共の場で、若く健全な女性のお尻を、健全に泳ぐフリをしつつチラ見する。
今日は、そんなプランで行こうかと思います。我ながらナイスな考えです!
不審者扱い?全く問題ありません。
盗撮のような不健全なことは一切しません。
健全な若い女性のお尻なら瞬時に脳みそに焼き付けられますし、高校生以下の子供の尻になど興味はありませんので。
推定年齢20~30歳前後のお尻の近くを歩いたり、泳いだりしつつ、この真夏の暑い日差しの中、健全にプールで過ごすだけのことです。
そうと決まればしっかりとした水中メガネも必須アイテムですね。
善は急げです。ドンキで一番高い水中メガネを買って、いざプールに行くとしましょう。

などと息巻いてたところで、去年まで普通にはいてた短パンがはけなくなっていることに気付いて一気にやる気を失くし、ドンキは素通りでいつも通りパチ屋に向かっている なおと でした。


この時期、近所を歩いているだけでちょっとだけ癒されている なおと です。

この夏休みの季節、近所の家から漂ってくるお線香と蚊取り線香のニオイに癒されているんです。
実家暮らしの頃は仏壇にお線香上げてたし、夏といえば蚊取り線香でしたので、いたって慣れ親しんだニオイだったんですが、実家を出てからはとんとご無沙汰でした。
マンションに仏壇がある家はあまりないでしょうし、蚊取り線香を使うのも稀でしょう。
しかしご近所の一軒家は中々の古めかしさで、古き良き昔ながらなご近所さん的な感じです。
外には風鈴、暑くなったら玄関開けっ放しという、昔は見慣れた光景を今でもやっているご近所さんです。
近くを通ればたまに「チーン」という仏壇のアレの音が聞こえてきて、さらに癒されます。
毎朝6時に起きて、ラジオ体操に行って、スタンプもらって、そのまま友達と遊んで、プールに行って、プールのコインロッカーで忘れられた100円玉探しをして、見つけた100円玉で屋台の焼きそばを食って、また遊んで、家帰って冷麦食って、アホほどぐっすり寝てたのを思い出させてくれます。
今時のお子さんも30年後には同じようになるんですかね。それとも少しずつ違う形になっていくんですかね。
そんなことを考えてると爺さんになるのが少し楽しそうな気がしてきます。

ちょっと哀愁漂う内容でしたが、頭の中では「匂い」「におい」はそうでもないのに、「臭い」「ニオイ」がクサそうなのは何故だろうということで一杯だった なおと でした。