何となく先週末にあったムカつく出来事を思い出してイライラしてきた なおと です。

先週末ドライブで竜神大吊橋と袋田の滝に行った際の帰り道でそれはありました。
茨城県東部から東京都へ高速を利用せずに帰るべく、ナビに目的地を登録し、ナビに身を委ねたわけです。
するとどうでしょう、いきなりやらかしてくれたではありませんか。
軽自動車同士ならすれ違えるけど・・・的な細い道をナビゲーションしてくれました。
こちとらトラックと同じくらいの車幅なわけで、そんな道を紹介してくれても困るんです。
前にいろは坂からの帰り道でクソ山道をナビした時もそうですが、自分がナビしている車の大きさを考慮してナビしてくれないもんでしょうか。
ちなみにつけているナビは天下のサイバーナビで、設定画面で車の大きさもちゃんと登録した覚えがあります。
それなのにこのナビちゃんは嫌がらせのようにキツイ道を選択してくれちゃうんです。
ARスカウターとかいう見た目は凄いっぽいけど、実際は邪魔なだけで使えないモードは必要ありませんので、こういう細かな不満を吸い上げたナビゲーションをしてほしいものです。

結局、タイヤの一部を小さい段差でこすった程度の損害で済みましたが、ホイールまで傷付いてたら怒り心頭だったと思います。
その細道を抜けたら大きな国道だったことからも、他にも選択肢は沢山あったはずです。
他にも検索履歴が削除できないなどの不具合もあるため、見た目のインパクトも良いですが、しっかりとユーザーからの意見を汲み上げて日本企業らしい細かな部分もやってほしいもんです。

今週末からは遂に待ちに待った紅葉シーズン開始なので、今からどこに行くかわくわくしながら検索中の なおと でした。


昨夜久々にガールズバーに行き、ベロンベロンに酔っぱらった挙句に潰れた なおと です。

そんなガールズバーで話題に上がったのがゼニカルです。
昨日のブログで「次回はゼニカル」って書いてたのが功を奏したのか、ゼニカルの話題になりました。
「ケツから油が出てくるよ」って。
そうなんです。本当にケツから油(脂)が出てくるんです。
ゼニカルが効いている状態で、ラーメンやらカレーやら焼肉やらの「脂」を多く含んだ食事を摂取すると、その内の6割ほどが吸収されずにそのまま対外に出てくるんだそうな。
その効果は絶大で、前述のように目に見えて分かる効果が発揮される凄いお薬なんです。
でも、注意点もあります。
おなら厳禁です。
そう、おならと共にケツから油も出てきやがるんです。
「ケツ油」は、いつどこで排出されるか分かりません。脂肪分控えめな食事を取ったつもりでも、実際には結構入ってることもありますし。
そんな時に油断して、ちょいと「屁」をここうもんなら痛い目にあいます。
なおと もグアムの道端でひどい目にあった記憶があります。
最後にゼニカルを服用したのは2日前だったので、もう大丈夫だろうと思って歩きながら軽く屁をこいた瞬間「みちゅっ」って。
いや、実際に「みちゅっ」って音はしてませんが、感覚的に「みちゅっ」って感じです。
まさか海外で「みちゅ」るとは思ってもいませんので大慌てです。幸いホテルに近い場所だったので事なきを得ましたが、最悪パンツを捨てる羽目になっていました。
ゼニカルはそんなにスゴイ効き目を持つお薬なんです。
痩せたい方は是非服用してみてください。ただし、おならをしたい時はトイレに行きましょう。

今までで最も凄い量のケツ油が出た食事は「イベリコ豚専門店の焼肉」な なおと でした。


なんだか最近の日常生活の中にギャンブル的なこともエロ的なこともなくなってきたなぁとフと思った なおと です。

ですので、当ブログのタイトルも今日から「エロとギャンブルをたしなむ日記」あらため「海外医薬品で健康生活」にして、心機一転・・・しませんが続けていきたいと思います。
最近は太ってきたから痩せなきゃイカンななどと考えては、深夜にモシャモシャ食べていたドンブリ飯を気持ち少な目にしてみたり、ドライブ先で少し散歩してみたりなど、少しずつ健康志向が強くなってきています。
さらに、2年前くらいから色々な場面でお世話になっている様々な海外医薬品たち。
こいつらの優秀さがなかなか周囲の方々に分かってもらえない・・・という事で、「実録!●●を体験してみた!!」みたいな感じで、その実際に利用した感想を記載していきたいと思います。当然、薬の効き具合から副作用まで記載するので、良いこともあれば悪いこともあります。
製薬会社からふざけんなって怒られない程度にはオブラートに包むかもしれませんが、正直な率直な感想を書いていきます。

また、優秀な海外医薬品の中には前述の健康志向に役立つものもいくつかありますので、そこらへんも絡めつつ、いつものくだらない日常も絡めつつ、たまにエロ画像のこととかも絡めつつ書いていきたいと思います。
次回は実際に海外医薬品の体験談を書く予定ですが、記念すべき1回目は嫌な思い出も残る「ゼニカル」について書くつもりです。
ダイエットを考えている方は是非お楽しみに。

以上、メタボという事以外はいたって健康なのに、ここ最近7日に3日は何かしらの海外医薬品を飲んでいる なおと でした。


ちょっぴり不思議現象が起きて、今朝1分くらい壁に向かってフリーズしてた なおと です。

毎日の習慣で、家の照明の元スイッチ(壁についてるON/OFFのスイッチ)は身支度を整える時か出かける時しかOFFにはしません。
寝る時や昼間に照明を消したい時などは、リモコンのスイッチで照明を消します。
ですので朝起きてそのまま身支度して出かける時は、起きたと同時にリモコンでスイッチONして照明を付け、そのまま壁スイッチですぐにOFFにします。
雨が降ってるなど暗い時には家を出る直前に壁スイッチOFFにしますが、基本は前述のようにリモコンでONにした2秒後にOFFにしています。
理由はいたって単純で、帰ってきた時に照明をつけやすいからというだけの極々普通な理由です。
しかし、今朝に至ってはそのシンプルな毎日の習慣が崩れていました。
かれこれ1年半以上は続けている毎日の習慣が崩れていました。
朝起きてトイレに行く時にリモコンスイッチをONにするも照明がつかず、何度かボタンをポチポチ。
でも照明はウンともスンともいいません。
あれれ?電池切れか?と思いつつも、壁スイッチを見たところで異変に気付きました。
あれれれれれれ?壁スイッチがOFFになってる。なんで?
そのまま直立不動で、オシッコしたいのも忘れて50cm先の壁スイッチを見つつ脳みそをフル回転させました。
確実に昨日寝る時はリモコンで消してそのまま寝ました。
最近お気に入りのリンゴ味の缶チューハイをグビグビ飲みつつ信長協奏曲の動画を見て、「今度は俺がひと肌脱ぐ番だよ」ってシーンを何度も何度も繰り返し見ては涙を流し、それからリモコンで照明をOFFにして寝た記憶がしっかりあります。
それなのに壁スイッチがOFFになってます。どんなに脳みそフル回転で考えても夜中にトイレに行った記憶はありません。

そこで考えられる原因は3つです。
1.夢遊病さながら自分で記憶なしの行動を起こし、壁スイッチをOFFにした。
2.見えない何かが勝手に壁スイッチをOFFにした。
3.壁スイッチが自ら勝手にOFFに切り替えた。

我が家には洗濯する度にパーカーのヒモを左側に寄せるという性癖を持つ洗濯機があるくらいなので、壁スイッチも何か性癖を持っているのかもしれません。
今まで気付かなかっただけか、それとも毎日パチパチとON/OFFされ続けたことでOFFになることに快感を覚え、今朝自分でオナニーさながらにOFFにしたのかもしれません。
きっとそうです。
だって、そうでなければ夢遊病確定ですもん。
昨日寝てから今朝起きるまで、途中で起きた記憶なんてありませんもん。
ということで、結論として「我が家の壁スイッチがオナニーを覚えた」or「目に見えない20代のカワイイ女性が我が家にいる」ということにするのでした。

期待感をもって最終結論は後者の「見えない女性」ということにし、最近チョイチョイ壁がミシミシ言ったりするのも気圧だのなんだのではなく、きっとこの「目に見えないだけのカワイイ女性」の仕業だと思い込むことにした なおと でした。


階段の上り下りでふくらはぎが筋肉痛な なおと です。

先週はひたちなかの国営ひたち海浜公園に行きましたが、今回は少し北の常陸太田にある竜神大吊橋と袋田の滝に行ってきました。
どちらも紅葉が見たくて行ったのですが、まだ少し早かったようです。
竜神大吊橋は中々の見応えで、バンジーをやろうという若者集団と、バンジーをやった後の若者軍団に遭遇。
「これから軍団」も「終わった軍団」もテンションが高く、特に「終わった軍団」はキャイキャイしてました。
橋の中央部分の柵に入口があり、そこの時点で「これから軍団」の一番後ろの若者はブルブル震えてました。
そらそーだ、下見たらハンパねーもん。

んで、飛んだ直後の写真がコチラ。
竜神大吊橋でバンジー
少しシャッターが早かったため分かりづらいですが、赤い服の人のチョイ右下にエビ反りしている人が飛んだ人です。
飛び込み失敗のような印象を受ける写真ですが、見てた限り両手は左右に伸ばし頭から落ちており、きれいに逆十字な形で落ちてました。
こんな感じで叫び声もなく華麗に飛び、少々面白みに欠けていましたが最後の一人がやってくれました。
「ぎゃおえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぃぃぃぃっ・・・」
両手両足をジタバタさせてもがきつつ落ちていきました。びよ~んとバウンドした後も「うぁぁぁぁーっ」って言ってました。
でもこれが普通でしょ。飛べただけ凄いよ君は。

んでバンジーも鑑賞させて頂き、ひとしきり楽しんだ後で車で20~30分程度の場所にある袋田の滝へ。
ここは場所が悪い・・・というか途中の道が酷い。車1台分の道幅で両脇が民家の道が何度も続く。
対向車が来たらどないすんねん・・・などと独り言を言いつつ辿り着いた先には、竜神大吊橋で見かけた人たちがチラホラ。みんな考えることは一緒ですね。
んでお金払って入ろうとしたところで、不思議なカップル(どちらもチャラそうな見た目の男女)を発見。
確かこいつら竜神大吊橋で「ごめん、行かなくていい?」って男が言って、橋を渡らずに出ていったのを目撃しています。高所恐怖症なのかなと思っていましたが違いました。
単なる金欠っぽいです。袋田の滝も入口でストップして引き返してましたので。
何でだよ!2ヶ所で二人合わせて1000円ちょっとだろうが!ガソリン代の方が高いだろーが!と心の中でツッコミつつ、観瀑台に到着。

袋田の滝
なかなか見事なもんです。
「←吊り橋」と書かれた看板があったので行ってみると、下の方に見えていた吊り橋を渡れるではありませんか!
んでそこに罠がありました。
橋を渡った所に「研究路」と書かれた階段がありました。これを昇っていけば違う滝の姿が見れるようなことが案内板には書かれています。何も考えず昇ってみました。んで、途中で引き返してきました。
終わりが見えない。。。
急な階段が延々と続いており、5分間上り続けてゼーハー言ってるけどいつまで続くのか分からない。
2分ほど休憩しつつ行くか戻るか思考した挙句、戻るを選択しました。
結果、正解。20分ほど掛かるらしいことが書いてありました。このメタボな体では無理ですね。
そんなこんなで汗だくで疲れ果て帰路につくのでした。

帰りは気合いを入れて下道で帰ることを決意。さすがに5時間強の運転は心身ともにキツかったけど、眠くて仕方ない時にはあの意味不明カップルを思い出し自分自身を勇気づけて帰った なおと でした。


何となくジャグラーを打ちたくて結構久しぶりにパチンコ屋さんに行ってみた なおと です。

なんとな~く見てたテレビ東京の今夜もドル箱という番組でジャグラー勝負をしており、なんとな~くやりたくなった、そんなゆるっとした理由です。
ペカった後に右上段に赤7ビタ押しでスベればBIG確定らしいので、ちょっとやってみたくなった、そんなゆるっとした理由です。
ジャグラーの設定判別はある程度打たないと分からないので、何も考えずに適当に着席。
とりあえずペカるまでブンブン回します。
回し始めて300を超えましたが、それでも気にせずブンブン回します。
400を超えましたがそれでも気にせず回し続けます。
500に迫ろうかというところでようやく初ペカ。
そう、毎度毎度ジャグラーさんとは相性が悪いんですよね。
しかもようやっとペカったことに気持ちが緩み、逆押しビタを忘れてるし。。。
まぁBIGだったから良かったんですけど。
そんでBIG後80回転くらいでまたまたペカり。今度こそはと右上段に赤7を目押し。
失敗。
明らかに滑って上段に来たのが分かりました。
まぁBIGだったから良かったんですけど。
ビタ押しにチャレンジするのは好きなんですが、あまり得意ではないので仕方ありません。
そんなこんなでBIG・REGの判別をするためだけのビタ押しにあっという間に飽きてしまい、実戦終了するのでした。
BIG後0回転でやめたため、オジサン達が台データをチラ見してるのを尻目に台を立ち去るのでした。
ビタ押しといえばやっぱり大花火のBIGとイレグイのBIGですが、きっともうあんな面白い台は出てこないんだろうなぁとリーチ目やら仕込み目やらを思い浮かべながらトボトボ帰るのでした。
ちなみにB-MAXなんかもとても有名ですが、やったことないので分かりません。

そういえばビタ押しって普通に使ってるけど、誰が命名したんだろうとふと疑問に思ったけど、調べるのもメンドイのでど~でもい~や~的な なおと でした。


お風呂がとても気持ち良い季節になってきたと実感している なおと です。

日中は温かいのですが、朝夜はヒンヤリ肌寒い今日この頃で、ついついお風呂も長風呂してしまいます。
先月だか先々月だかにお風呂の排水溝の詰まりが取れたため、自宅の湯船にもちょいちょい浸かってますが、この時期はやっぱり自然の中の露天風呂が最高です。
頭にタオルを乗せて、ハフーっと湯船に浸かり、鈴虫のリーリーという鳴き声を聞きながらきれいなお月さんを見る。
こんなん最高です。めっちゃ最高です。
ただ、行きつけのスーパー銭湯では月が見えないんですよね。
都会からは外れた場所なので、鈴虫の声はしっかりと聞こえますが少々残念なところです。
他に知っているスーパー銭湯なら上記の最高条件を満たせるのですが、そこは片道2時間ほど掛かるし、面積の割に客が多くてウザったいんですよね。
鈴虫の鳴き声をかき消す若造のくだらない話とかイライラして仕方ないので却下です。
もう2~3ヶ月で雪見風呂の季節ですので、それに合わせて新規開拓してみようかとも思っています。
夏は蝉しぐれ、秋は鈴虫、冬は寒さと雪見風呂、春・・・って何かありましたっけ?

そんな感じでユルユルと関東近郊の露天風呂をネット検索するも、なかなかピンとくる場所が見つからず「きっと今行ってる所がベストなんだ」と思い込むようにした なおと でした。


今朝鏡を見て最初に思ったことが「顔の表面積が広がった」だった なおと です。

顔面があまりにむくみ過ぎてラーメンマンみたいな目になっている状態です。こんな時にはいつものむくみ取りラシックスの登場です。
今先ほど飲みましたので、2時間後にはいつものスッキリ顔とマイナス2~3kgの体重を手に入れている予定です。
さてさてお薬繋がりになりますが、昨夜リベンジを果たしました。
以前、一度試したものの、その副作用で弱気になってしまい効果を試すことのなかった海外医薬品に再チャレンジしてみたのです。
その名も「スーパーPフォース」という名の早漏防止薬。
主成分は欧米各国で早漏防止薬としてお医者さんが処方しているというダポキセチンと、バイアグラの主成分で有名なシルデナフィル。
勃起成分+早漏防止成分という夢のような飲み薬ですが、以前は疲れ果てた状態で利用したために副作用でとどめを刺されて寝てしまいました。
今回は体調万全の状態で挑んだわけです。しかも1錠飲むのはちょっぴり怖いので半分に割って。。。
やや過剰なくらいの水とともに半分に割った水色の欠片を胃袋の中に流し込み、その後なにも考えずにボヘーッとヤンジャンを読んでいたところで早速異変発生。
ちょっぴりエッチ・・・程度の漫画で勃起してもーた。まぁこれはいつものことでもあるので華麗にスルーしてヤンジャンを読み続けるとさらなる異変に気付く。
ずっと半勃ち状態。
銭湯でなるとちょっと困る、出るに出られない状況。どうもさっきの漫画でバイアグラスイッチが入っていた模様です。
しっかりと効いている内に早漏防止の効果を見てやろうと、ちょっと上から目線でオナニーの準備です。
ここで取り出したるオカズは、いつもなら1~3分で確実にイケる鉄板のオカズ。こいつでどれだけ耐えられるのかテストです。
んで、3分ほど右手を上下に動かし続けたところで「このままではイカない」と判断。こりゃ中々手強いぞと、オカズはそのままに脳内妄想をレベルアップ。
結果、脳内妄想をMAXレベルにし、右手の上下運動もMAXレベルにすることでようやくイクことができました。
が、しかし下半身は勃起したまま。バイアグラパワー降臨による即復活です。
スーパーPフォース恐るべし。。。これは中々のものです。これがあればあの手強い風俗嬢もヒーヒー言わせることができるかもしれません。
そんなこんなで次はいつ、どこの風俗に行こうかと計画を立てるべくネットサーフィンを開始するのでした。

昨夜はその後もまだまだ半勃ち・勃起を繰り返していたため、何度かオナニーを楽しんだところ右腕が筋肉痛になってしまった なおと でした。


夕陽を見ながら「自然っていいなぁ」って黄昏るのが最近のマイブームな なおと です。

そんな自然を堪能すべく、台風前の11日に茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園に行ってきました。
なぜそこを選んだのかといいますと、ネットで紅葉がキレイなドライブスポットを探していた際に、真っ赤に染まったコキアが目にとまり「こりゃ見てみたい」と思ったわけです。
そもそもコキアってなんじゃ?というレベルですが、美しければそれで良しです。
高速を使わないで行くと片道5時間ほどのドライブになってしまうので、行きは高速、帰りは下道で帰りつつ、香取市の秋祭りに寄って帰ってこようという完璧なプランニング。
いざ出発です。
家を出ておよそ2時間ほどで現地に到着。駐車場代も入園料も取るんだ…と、ここがいわゆる「公園」ではないことを悟らされつつも目的地に向かいテクテク歩きます。
分かってはいましたが、園内はスゲェ広い。でも天気はいいし紅葉途中の木々やらトンボやらで癒されまくり。
んで、ここを左に曲がればコキアのある丘ってところを左折してギョッとしました。
祭りか!ってくらいの人の量。
原因はすぐ分かりました。半分は日本人、もう半分は中国人観光客。
中国がお休みシーズン中なのは知ってましたが、こんな所にまで来るんだとちょっぴり感心。そんな大量の人間の流れにのって辿り着いたのが下の写真です。
いやぁ来てよかったですわ。人の量はハンパないけど、それを上回る感動値です。周囲を歩いていたカップルや家族も総じて来てよかったと言っていました。
その後は園内をひたすらお散歩です。もう歩きたくないと思うまでとにかくお散歩です。
入園から合計2時間ほど歩いたところでギブアップ。まだ周りきれていませんが、もう歩きたくないので入場口方面へ。でも戻りつつも途中途中でコスモス畑に入ってみたり、パンパスグラス(巨大なススキみたいやつ)を触りに行ったりと寄り道してたため、入場口についた頃にはクッタクタ。
大満足で次なる目的地に向かうのでした。
・・・が、実際に香取市に到着したところで、もう歩きたくないからという理由で祭りに行くのはやめて、そのまま帰路についたのでした。
運動不足で歩き回ったため足の付け根が超痛いですが、ドライブ・お散歩ともに大満足でした。

国営ひたち海浜公園内での目標として、自分以外に一人で来ている人を探す・・・と2時間歩き回って探した結果、結局自分だけという結果だった なおと でした。

国営ひたち海浜公園


またまた久しぶりにロト6を購入してみた なおと です。

年末ジャンボも一ヶ月後と近づいてきましたので、少々肩慣らし程度に宝くじ購入売場にきてみました。
それにしてもアホらしくて仕方ないのですが、最近「ロト6がよく当たる」的なソフトが多いですね。
そういったソフトが多いことが問題なのではなく、それを信じてしまう方々がいるということが問題ですね。
何も考えずウソっぱちな広告の内容を安易に信じてしまう人が多いように感じられます。
かつてパチンコの大当りを強制的に発動させる的な攻略法を買ったやつが言う事ではないかもしれませんが。
でもあの時はひどかった。。。
実演するのを見て、それから買うかどうか決めて下さい方式だったのですが、まさかお店側もグルだったとは。。。
どこのホールがいいか希望ありますか?って言われても、こちとら田舎の人間で東京のパチンコ屋さんなんて知らないので「お任せします」って言ったのが運の尽きでした。
まぁ希望のホールがあっても「そこ遠隔してるからダメです」とか言われるんでしょうけど。
連れて行かれたホールで実演開始です。
すると「こうしてこうすると数回転以内に魚群が出てきて当たります。」って言ってホントに出てきて当たるんですもん。
しかも3回やって3回とも。
そんで、自分で言われた通りにやっても魚群が出てきて「これ当たりますよ」って言われてホントに当たるし。
そりゃ純粋な青年なら買うでしょーよ。
んで実際に地元のホールでやっても全然ダメ。電話して聞いても「そこ遠隔してるからですよ」の一点張り。
他のホールでやってもダメ。電話して聞いても「そのお店遠隔してることで有名です」の一点張り。
純粋な青年はことごとくダメ出され続け、ある時ついにウソっぱちであることに気付いたんです。
そんなオイシイ情報があれば見ず知らずの他人に教えないだろと。
攻略法なんてそんなものです。
ましてやロト6なんて6つの数字をランダムで表示できるシステムを組めればいいんですから、プログラム経験のある方なら1日と掛からずに作れるでしょうし。
騙されている皆さん、世の中そんなに甘くませんよー。

そういったシ怪しいステムは全く信じないものの、今回何となく使ってみたところ、なんと見事に1000円当選した なおと でした。