最近の海外医薬品のお気に入りはカマグラゴールドな なおと です。

以下、個人的な服用方法や副作用、使い道などを記載しますので、カマグラゴールドが気になっている方はどうぞ参考にしてみてください。

1.カマグラゴールドを服用する準備をする
飲食を控え空腹状態にしておきましょう。この準備をしっかりするか否かで効き目が大幅に変わります。
効き目が強くなる分、副作用も強くなりますが。。。

2.カマグラゴールドを服用する
カマグラゴールドを1錠とぬるま湯を用意します。
カマグラゴールドを口に入れ犬歯でボリっと噛み砕き、砕いた片割れをさらに犬歯で砕いてぬるま湯で流し込みます。
ある程度流し込んだら、残りのぬるま湯で口の中をグジュグジュしつつ犬歯にこびりついたカマグラゴールドの破片を引っぺがして流し込みます。
奥歯で噛み砕くと奥歯の面積が広い分こびりつき面積も広くなるので、噛み砕く際はなるべく前歯や犬歯で砕きましょう。

3.30分程度で副作用が発動
噛み砕いてぬるま湯で服用することで、通常よりも早く効果が出始める気がします。
服用後20分~30分で通常時よりも光に敏感になります。
光が通常よりも白く眩しく見えるようになり、夜道などでは光の残像がくっきりと見えるようになります。

4.副作用から数分~10分で勃起発動
副作用が出始めたらカマグラゴールドがちゃんと効果を発揮してしている状態です。
スーパーマリオでいうところのスターを取って無敵状態です。

5.オナニー開始
無敵状態になったら満を持してオナニー開始です。
いつもよりも粘りましょう。イキそうでも一度ではイカないように気を付け粘りに粘った挙句に爆発するようにしましょう。
まだまだ体力と気力が残っていれば限界に挑戦するのもよいでしょう。

と、まぁこんな感じです。
カマグラゴールドを服用した状態でお酒を飲むと結構酔いが回る気がするので、そんな楽しみ方もよいかもしれません。
全て個人的な所感であり、正しくはない情報も個人差もありますので、その辺は加味して下さい。

と、こんなことを書いておきながらカマグラゴールドを切らしてしまい、楽しみ半減中の なおと でした。


前日に飲んで騒いだために顔面がいつものごとくむくんでお岩さんになっている なおと です。

今日は何とも清々しく気持ちの良い天気ですね。
とても気持ちの良い朝なのですが、物凄くイライラしながら起床しました。

選挙カーがうるせえ。

どうでもいいことをマイクでギャーギャーと騒いで安眠を妨害し、イライラを残して去っていく昨今の選挙カーにはイラつきます。
どの選挙カーも「住みよい町づくりをモットーに」と「候補者の名前」しか言いません。
中には「候補の●●が自転車に乗ってごあいさつに参りました」とか言ってるかなりウザいのまでいらっしゃいます。
だから何なんでしょう?
わざわざ自転車に乗ってきたから何なんでしょう?
個人的には馬鹿にしているとしか思えません。

選挙離れが問題としてよくニュースに取り上げられていますが、こうした稚拙な選挙活動にも問題があるのではないでしょうか。
どの政治家も「より良くします」しか言いませんが、どんな問題点に対して何をどのように良くするのかといった言葉を聞くことは討論番組以外で見たことがありません。
討論番組を見ると選挙に行く気も出てきますが、それ以外ではそんな気にはサラサラなれません。
中には「●●党はダメだ」とか「●●政権をこのまま放置してはダメだ」とか言ってる選挙カーもいますが、なおさらアホかと思ってしまいます。
何がダメなの?
どこがダメなの?
その政党よりもあなた方の政党の方が人気がないのはなぜなの?
と。
まぁ色々と文句というか手前勝手なグチが頭の中には浮かんでますが、書いても書いてもキリがないのでもうやめとこうと思います。

と、そんなこんなで選挙カーが通り過ぎたところでもう一度眠りにつこうとしたところ、またしても別の選挙カーがきてイライラしてる なおと でした。


香港の湿気+購入したてのユニクロジーンズ+白い財布=青い財布という数式を初めて知った なおと です。

ユニクロジーンズは一度洗濯機にぶち込んで洗濯しておいたんですが、それでも香港・マカオの湿気と合わさることで青色を発色してくれちゃったみたいで、真っ白だった財布が鮮やかに染め上ってしまいました。
さてさて、先日の香港旅行では合わせてマカオにも行ってきました。
香港に行くのですからマカオは男の子としては無視できない存在です。
マカオといえばカジノですが、次に想像するものはなんでしょう?
マカオタワー?
寺?
女性でしたらその回答でOKですが、男性でしたらよろしくありませんね。まだまだマカオをエンジョイしたことがない証拠です。
マカオといえばサウナです。
サウナと言ってもジャパニーズなサウナとは別物です。
熱い場所に入って汗を流してスッキリ・サッパリするのが日本人の思う一般的なサウナですが、マカオのサウナは下記のようなものです。
1.シャワーを浴びて風呂に入る
2.ガウン等をまといソファーベッドに寝転ぶ
3.寝転びながら無料で飲食し放題
4.寝転びながら各種マッサージや耳かきは有料でいつでもしてくれる
5.時間になるとショータイムが始まる

5で「ん?」となる方が多いことでしょう。
店舗というかサウナによって多少異なりますが、ショータイムが始まるとステージ上に数名~数十名の女性が一列に並び、そこから男性による指名合戦の始まりです。
はい、そーゆー場所です。
ちなみに今回訪れた場所は女性がセクシーなポールダンスを披露して殿方を興奮させてからの指名合戦開始でした。
そうとなれば海外医薬品のカマグラゴールドの出番です。
当然ですが入る1時間前にカマグラゴールドを服用しています。
なんならショータイムの前に足裏マッサージをしてもらっている時点で勃起MAX状態です。
・・・が、現実は残酷なものです。
体力が続きません。
1回ダウンした後、ムスコはすぐに立ち上がりましたが、肝心の本体が疲労で立ち上がれません。。。
結果、カマグラゴールドを服用してもしなくても同じという悲しい結果になってしまったのでした。
それどころかムスコは元気いっぱいな分、より一層さびしい結果となってしまったのでした。

ちなみに、足裏マッサージ+耳かき+ショータイムからのムフフ1回+飲食で35,000円程度と、金額を見てお得感がハンパなかった なおと でした。


香港・マカオに行ってきてお土産に風邪をもらってきた なおと です。

香港では路地の市場の飯屋さんに入って現地式のご飯を食べたり、鮨詰め状態の路面電車に乗ったり、切符を購入して地下鉄に乗ったり、ネイザンロードの怪しいインド人やらパキスタン人と談話したりと色々な体験をしました。
特に最初に書いた飯屋さんはヤバかったです。
席に着くとまず出されるのが大きな器と大き目な急須に入ったお茶。
これ、飲むためのものでもありますが、基本的には違う使い方をします。
食器を洗うんです。
席には「皿」「器」「箸」「レンゲ」が置いてあり、まずはそれをお茶で洗うことから食事開始です。
他のお客さんはカチャカチャと一生懸命洗っています。
洗わないとひどいことになります。
というか、なりました。
注文したのは肉と卵の乗った丼ものと焼売みたいな蒸し物。
一緒に行った方々は普通に食べてますが、なぜか自分だけがどれも酸っぱい味がします。
酸っぱいというか「すえた」味がします。
香港で使われている箸は非常に使いにくいため、丼飯をレンゲでかき込むようにして食うと酸っぱくありません。
オイシイとは特に思いませんが問題なく食べられます。
しかし蒸し物を箸で食べるとやっぱり酸っぱい。。。
酸っぱいようなものは何も入っていないのですが。。。
この理由は後になって分かりました。
箸を洗っていなかったからでした。
レンゲはちゃんと洗っていましたが、箸は洗い漏れていました。
そこからは「いつ腹を下すのか」が頭から離れません。
やばい!今日はマカオに行く予定なのに!楽しい楽しいマカオなのに!!
しかし結局はお腹を下すことなく、無事に一日過ごしきったのでした。

もっとも恐ろしかったことは、飯屋で中国人に囲まれて食事をする中、反日的なテレビ番組が放映されてて全員の視線がこっちに集まってることだった なおと でした。


ここ数日食べに食べ過ぎて数日前に購入した100円均一のパンツがきっつきつ状態な なおと です。

購入した次の日は普通だったのですが、おかしいですね。洗濯で縮んだのかハタマタ体が大きくなったのか。
さてさて昨日のブログに記載したインド人との会話を少しずつ思い出してきたので忘備録的に書いておこうと思います。
まずは在日インド人の「日本のカレーの感想」です。
「とってもおいしい!」
って言ってました。
そこには少なからずお世辞も入っているのでしょうが、それでもおいしいのは間違いないっぽいです。
しかし単純に比較するのは難しそうです。
インドの方々の大半はヒンドゥー教徒です。
ヒンドゥー教は牛を食べませんし、ベジタリアンも多いようです。
そのためベジタリアンに合わせるとなると動物は利用できないため味の深みを出すのが難しいそうです。
実際に話をしたインド人(ベジタリアン)も日本のカレーを自分で再現しようとしたようですが、出来なかったそうです。
次にインドの「ご飯事情」です。
「インドでカレー以外のご飯と言えば何?」と聞いたところ、「カレー」と返ってきました。
いやいやいや・・・と言うと、「インドはみんないつもカレーです」とのこと。
「給食でもカレーなの?」
「給食ではなくお弁当です。カレーのお弁当です。」
なるほど。カレーのお弁当ですか。どんな風にカレーを持ち歩いているのかが気になりますが、それほどにカレーなんですね。

その他にも色々と聞いた気がしますが、現状思い出せません。思い出したらまた忘備録として書き足したいと思います。

この日はかなり酔っぱらっていましたが、翌朝起きたらコンビニのカレーを食べた残骸が家に残っていた なおと でした。
脳内にカレーが刷り込まれてしまったんだと思います。。。


先日インドの方と酔っぱらった状態でお話しする機会があり、その中でヒンドゥー教のシステムにちょっぴり驚いた なおと です。

※以下は個人の所感に基づいた内容で、もしも間違ってたら「コイツはアホなやつだ」とでも思っておいて下さい。
結論から言いましょう、AKBの推しメンシステムと同じイメージです。
ヒンドゥー教を何となくでも知ってる方や、ゲームの女神転生シリーズのコアなファンならご存知かと思いますが、ヒンドゥー教には様々な神様がいます。
ヴィシュヌ、ハヌマーン、シヴァ、ガネーシャ、カーリーなどは女神転生ファンなら興奮ものの名前でしょう。
インドの方に聞きました「どの神様が一番偉くて、どの神様を崇めてるの?」と。
すると「〝一番偉い神様〝という存在はおらず、崇めている神様は人によって違う」とのこと。
つまり、人によって「推しメン」ならぬ「推しカミ」が違うということです。
ただ、当然ですが推しメンのようなフワッとしたものではなく、人生の一部として崇拝しているでしょうから「重み」は全く異なります。
「応援」と「崇拝」という単語レベルで言葉の重さが違いますよね。
※こんなことを言ってたらAKBファンから袋叩きにされそうですが、AKBやそのファンの方々を悪くいうつもりはありませんので誤解しないでください。
そんなこんなでインド事情を色々と聞いている内にベロンベロンに酔っぱらって千鳥足で帰路に着くのでした。

インドの医薬品事情も色々聞いてた気がするけど、翌日にはほぼ全て忘れていた なおと でした。


何となく海外医薬品のカマグラゴールドを服用してスーパー銭湯に行ってきた なおと です。

以前にカマグラゴールドを服用してパチンコをしたことはありましたが、スーパー銭湯は初めてです。
だって男湯で勃起してたら「なんだコイツ!」となり周囲がザワザワすることでしょうから。
しかし今回に限ってはそんなことは考えずに服用していました。
かな~り酔っぱらってたもんで。。。
えいや!とばかりにカマグラゴールドをグイッと服用し、胸を張ってスーパー銭湯に入場していきました。
そして入場と同時にアカスリとマッサージを予約。
しかし、この選択がダメでした。。。
1時間ほど風呂に浸かり、汗だらだらでカマグラゴールドを服用していることを忘れてアカスリへ。
しばらくするとアカスリのおばちゃんがやたら上機嫌に。
仰向けからうつ伏せになる時に気付きました。
勃起してました。。。
「ごめん、ごめん、気持ちよくていつの間にかチンチンたってた」って言ったらアカスリおばちゃんは満面の笑みでした。
そんな感じでアカスリをしている間、終始勃起したり戻ったりを繰り返していました。
アカスリが終わりちょろっと風呂・サウナで体を温め直して今度はマッサージです。
当然、男ばかりの風呂場やサウナでは勃起なんてしません。興奮する要素がありませんから。
アカスリは体を触らせて気持ちいいという要素があったから仕方ありません。というかカマグラゴールドを飲んでなくてもたまに勃起してますので。。。
さてさてマッサージですが、ここでもカマグラゴールドは完全に忘れていました。
担当は30歳くらいの小さいお姉さん。この「小さい」というのがポイントです。エロポイントです。
背中を押すのに強く刺激できないからと、ベッドの上に乗って刺激してくれるのですが、地味に太もも~お尻が背中に触れる。
肩甲骨の所を刺激する際に、ひじの部分にお姉さんの股間部分に触れる。
膝~太ももにかけて刺激する際に、膝の部分がお姉さんの股間部分に触れる。
終始、エロ満載。
マッサージの間、触れる部分に全神経を集中しては悶々とし、ひそかに勃起しているのでした。
しかし楽しい時間はアッという間に過ぎ去り、またしても男ばかりのむさ苦しい風呂場に戻るのでした。

カマグラゴールドを服用していたからとはいえ、お腹ぶよぶよのアカスリおばちゃんで勃起していたのは少々恥ずかしい なおと でした。


昨日のブログではラシックスで痛風の可能性などと書きながらも、今日は普通にラシックスを服用している なおと です。

そう簡単には痛風になんてなりませんとも!
それに昨日は飲まなかったけど今日は飲んだ理由があります。
一昨日のお酒は昨日一日で毒素やらなんやら抜けて、今日の体は普通の状態だろうというのが理由です。
尿酸値が高いであろう状態では普通にし、何事も問題ない状態で服用すれば大丈夫だろうという判断です。
体内に毒素が多そうな状態では服用しなければ痛風のリスクもグッと軽減できるだろうという素人判断です。
んで、きれいさっぱりと余分な水分を排出でき、むくみも完全に解消されて体も軽くなりました。

さて、話は変わりますが昨日ヤフーニュースでとんでもない海外医薬品のニュースを見かけました。
「ソバルディ」というC型肝炎のお薬ですが、1日1000ドル(2015年4月10日現在で1日12万円)もの費用がかかるらしいです。
C型肝炎となると命に関わる病気ですが、それにしても高すぎません?
製薬会社ウハウハ過ぎません?
・・・と思ってたらアメリカでも物議を醸しだしているみたいです。
ちなみにこのC型肝炎を治療できる非常に有効な海外医薬品「ソバルディ」は日本にも上陸したらしいです。
C型肝炎の方々には朗報ですね。
ただ、もう少し安くなってたくさんの人に行きわたるとよいですね。

値段のせいで正義の味方なのか銭ゲバの悪役なのかよく分からなくなってしまった薬に対して開発した研究者はどんな思いなのかを思わず想像してしまった なおと でした。


久々の飲み過ぎ&騒ぎ過ぎで顔面がパンパンマンな上にノドがガラガラな なおと です。

さらに追い打ちで原因不明の下痢というおまけつきです。
酔っぱらって何か悪い物でも食べたのでしょうか。。。
そんな記憶はないのですが。。。
さてこんな時に活躍するのが皆さんご存知の海外医薬品ラシックスです。
・・・が、しかし、使いません。
意図的に使いません。
ラシックスはとにかく体内の水分を尿として対外に排出するというものです。
本来のおしっこは体内に溜まった毒素なども一緒に排出するものですが、ラシックスを使用したおしっこは毒素を置き去りにします。
お酒は肝臓だか何だかの内臓で分解されおしっことともに排出されますが、ラシックスは水だけを排出してしまうので、肝臓で分解されたものは体内に置いてけぼりにされてしまいます。
これが度重なるといつしか「痛風」になるかもしれない・・・という極悪な罠が待ち受けているというわけです。
痛風にはなりたくありません。治らないらしいですし。。。
痛風の方のためのザイロリックという海外医薬品もありますが、そんなものには一生頼りたくありません。
と、そんなわけで、ラシックスを少し控えることにしたのでした。

とはいえ顔面がパンパン過ぎてまぶたが重く、視界が上下にめっちゃ狭い なおと でした。


昨日はタイヤの運搬など体力仕事をこなし疲労困憊だった なおと です。

さてさて、この体力仕事とタイヤ交換によって心配事が一つ頭から消えました。
がしかし、ここ最近新たな悩み事が発生しています。
それは医薬品アレグラの副作用です。
それも結構イヤな副作用です。
アレグラを服用すると胃が荒れるんです。
ムカムカするんです。
服用した15分後にはすでにムカムカです。
逆に考えると15分後にはすでに吸収されて効き始めてるんだなってことになり、非常にありがたいことなんですが、それにしてもこの胃のムカムカっぷりは中々のものです。
こんな文句ばっかり言ってると「じゃあやめればいいじゃん」なんて言われてしまいそうですが、アレグラの花粉症を抑え込む効果は絶大なのでやめるわけにもいかずやめられません。
効果が強い薬というのはすべからく副作用も強いのですかねぇ。
海外医薬品なんかもそうですね。
例えば早漏防止薬のスーパーカマグラは食欲が全くなくなる上に下痢が発生します(人によって副作用はマチマチのようで、周囲には他に下痢になる人はいませんが…)。
さらに分かりやすい例としては、シアリスは効果も副作用も弱いけど、バイアグラはその逆に効果も副作用も強い薬です。
やはり効果が強い薬というのはすべからく副作用も強いのですかねぇ。
まぁ花粉症の悩みが大幅に解消された現状、これ以上のわがままは言わないようにしますが、今後はこの副作用の部分も改良してくれることを望みます。

上述のタイヤ交換作業により運転時のノイズやハンドル具合が劇的に良くなってホクホクな なおと でした。